ゲームスタイル研究所

調査レポート

2016.10.24

スマートフォン利用動向調査
2016年 /6月調査

ゲームスタイル研究所では、スマートフォン、スマホゲームの利用動向の把握を目的とした自主調査を2012年より実施しています。

 

本レポートでは、2016年6月に実施した調査データを収録。消費者の生活に欠かせないものとなっているスマートフォンの利用実態をスマホアプリの利用という観点から分析。さらにスマホゲームを含むゲーム全般の利用動向に関するデータを約90ページにわたって分析しています。

※レポート販売は終了いたしました。※

(無料サンプルのダウンロードは引き続きご利用いただけます)

 

 

本レポートの特徴

 

【特徴①】 15歳~69歳を性年代で分け、スマホ・アプリ・ゲームの利用実態を調査

【特徴②】 スマホゲーム市場の4年間にわたる時系列データも一部収録

【特徴③】 ゲームに関する情報が充実。昨今話題のVRも。

 

【無料サンプルダウンロード】

 

PDFダウンロード

 

本レポートは2016年6月に実施した調査になりますが、こちらのブログで2016年12月時点の最新スマホ人口、スマホゲーム人口を紹介しております。ぜひ併せてご覧ください。

 

#01 15~69歳のスマートフォン所有率は64.5%、人口は5583万人【2016年12月最新】

#02 15~69歳のスマホゲーム人口は2825万人 【2016年12月最新】

 


 

調査実施概要

 調査目的

 日本国内のスマートフォン・スマホゲームの利用動向の把握

 調査手法

 外部調査会社によるインターネット調査 

 (調査会社:株式会社クロス・マーケティング)

 調査対象者

 全国15-69歳 一般男女

 回収サンプル数

 4400名(男女5歳刻みで200名ずつ均等割付)

 調査時期

 2016年6月

 調査企画・分析

 株式会社セガゲームス セガネットワークスカンパニー 

 ゲームスタイル研究所

 

 

調査項目

 携帯電話・スマートフォン

 について

 ・利用している携帯電話の種類
 ・利用している携帯電話のキャリア
 ・場所別のスマートフォンの用途
 ・スマートフォン購入意向
 ・次期スマートフォンのOS意向
 ・次期スマートフォンのキャリア意向
 ・スマートフォンの使い方に関する意識
 ・各種デジタル端末(タブレット・ウェアラブル等)所有状況

 スマートフォンアプリについて

 ・ジャンル別アプリ利用個数
 ・1か月にダウンロードするアプリの数
 ・アプリをダウンロードする決め手となる情報源
 ・スマホアプリへの課金金額
 ・スマホアプリの有料商品・サービス利用用途
 ・スマホアプリでの決済手段
 ・アプリ機能(位置情報取得・プッシュ通知等)への抵抗感

 ゲームについて

 ・ゲーム機別ゲーム利用頻度
 ・ゲーム機別ゲーム利用時間
 ・スマホゲーム利用ジャンル

 トピックス

 ・最新テクノロジー(VR・AR・AI等)の認知・興味
 ・VRで体験したいサービス
 ・VRで遊びたいゲームジャンル

 回答者属性

 ・性別
 ・年齢
 ・居住地域
 ・未既婚
 ・職業
 ・世帯年収

 

【調査レポートイメージ】

 

cecb2ca5dfc4aeda521d107c0e2e09e75d7318d8.png

population.jpg

331bf913f537e4d6aa15b3744714d8218f392c93.png

レポートデータサンプル

PDFダウンロード
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSSフィード

記事ランキング

1
女性はなぜパズルゲームが好きなのか?
2
スマホゲームで万人受けする"キャッチコピー"は何か!?
3
スマホゲームユーザーの1日辺りのスマホゲーム平均接触回数は4.6回
4
高校生にとってゲームアプリはどんな存在?スマホの中をのぞいてみた。
5
男子高校生・女子高校生のSNS利用状況。高校生がフォローしているのは誰?