ゲームスタイル研究所

研究所コラム

2017.11.21

Wi-Fi利用と通信速度制限①

2020年に向け、総務省が公衆無線LANの整備を進めており、スマートフォンのデータ通信においても無線LANの利用がより促進されそうな流れですが、いま現在の無線LAN利用率はどの程度なのでしょうか。

2017年6月に実施した調査より、自宅および職場や学校でのスマートフォンのデータ通信方法についての調査結果データをご紹介いたします。

 

スマホ利用の際のデータ通信方法(場所別)

※回答対象者:15-69歳男女

※会社からの貸与端末など業務用ではなく、プライベートで利用している端末でのデータ通信方法

img1

img1

 

自宅ではWiFiでデータ通信をしている人が81.2%と、大部分の人がWiFiを利用していることが分かります。一方、職場や学校でのWiFiによるデータ通信は19.0%に留まり、キャリア回線が48.5%となりました。

 

電車での移動中や外出先でのちょっとしたスキマ時間にスマホゲームで遊ぶ方も多いかと思いますが、外出先でのデータ通信がキャリア回線利用となると、通信容量オーバーによる速度制限が気になるところですね。次回の記事では、速度制限の発生度合いと原因についてご紹介いたします。


■調査実施概要

調査目的

日本国内のスマートフォン・スマホゲームの利用動向の把握

調査手法

外部調査会社に登録のモニターに対するインターネット調査 

(調査会社:株式会社マクロミル)

調査対象者

15歳~69歳の一般男女

回収サンプル数

4,400名(うち、家庭用ゲームの利用経験者2,979名)

※除外業種:調査会社・マスコミ関連

※本調査データに対して、総務省統計局が公開している2017年6月時点の全国の人口構成比を基準にウェイトバック集計を実施している。本レポートの集計データはウェイトバック済みのデータである。

調査時期

2017年6月

調査企画・分析

株式会社セガゲームス ゲームスタイル研究所

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSSフィード

記事ランキング

1
女性はなぜパズルゲームが好きなのか?
2
スマホゲームで万人受けする"キャッチコピー"は何か!?
3
スマホゲームユーザーの1日辺りのスマホゲーム平均接触回数は4.6回
4
高校生にとってゲームアプリはどんな存在?スマホの中をのぞいてみた。
5
男子高校生・女子高校生のSNS利用状況。高校生がフォローしているのは誰?