ゲームスタイル研究所

研究所コラム

2016.10.13

PlayStation®VRついに発売。一方、ユーザーはどんな用途で使いたいと思ってる?

こんにちはサキです。

 

ソニーさんからついに「PlayStation®VR」(以下、PSVR)が発売されましたね。今年の東京ゲームショウ2016でも、VR(仮想現実)はかなり盛り上がりを見せていて、待ちに待ったという感じでしょうか。

 

年内に発売されるPSVRのタイトルは50本を超えるとの発表もあり、どんな作品が出るのか今から楽しみです!

 

私は東京ゲームショウでVR初体験を初体験だったのですが「キンプリ(KING OF PRISM by PrettyRhythm)」「オルタナティブガールズ」「攻殻機動隊」「SPOT(ハムスターになって寝ている女の子のベッド周辺を探索するVR)」の4つを試してきました。

 

他にも注目の高かった「刀剣乱舞」「サマーレッスン(一週間女の子の家庭教師になるVR)」「バイオハザード7」もやってみたかったのですが、長蛇の列であきらめてしまいました。

 

VRサービスの用途は2つに分かれる?

 

色々な展示を見ていて、VRサービスの使い道は大きく2種類に分かれていることに気づきました。

 

  1. 全く別の世界へ行って非日常的な体験ができるVR

→「サマーレッスン」「SPOT」など

 

  1. 自分が好きな既存の作品をVRでも楽しむ

→「キンプリ」「オルタナティブガールズ」「攻殻機動隊」「刀剣乱舞」「バイオハザード7」

 

では、一般の消費者はどちらの用途への期待が高いのでしょうか?ここからは、ゲームスタイル研究所の調査データを2つ紹介したいと思います。

 

1つは「VRで体験してみたいサービス」、もう1つは「お金や時間をかけている趣味」のデータです。「趣味」のデータは、VRの関連性は特になく、純粋に趣味を聞いているデータになり、2つのデータの性年代別の傾向を比較して見ていきたいと思います。(回答者条件が異なるので、厳密には同一条件の比較ではありませんが、参考レベルとして見てもらえればと思います。)

 

ゲームプレイ

まず、「ゲームプレイ」に関するデータです。「お金をかけている趣味」「VRで体験したいこと」両方とも男性10代が一番高く、20代、30代、40代になるにつれて減少する傾向があります。女性に関しても、同様に10代が一番高く、年代があがるにつれて下がっていき、2つのデータの傾向は一致しています。

 

ちなみにこちらの記事では、VRの認知や興味、使いたいサービスを聴取したデータを掲載していますが、PSVRの影響もあってか「ゲームプレイ」への期待が非常に高いことが伺えます。

 

gameplay_0928_03.jpg

 

アイドル・芸能人

続いて、「アイドル・芸能人」のデータです。こちらも「お金をかけている趣味」「VRで体験したいこと」両方のグラフで、女性10代が最も数値が高く、20代、30代、40代になるにつれて減少する傾向が一致しています。

42ae6e59f145d8c4793270d418f8ebc5d253c4cb.jpg

旅行

最後に「旅行」のデータです。「お金をかけている趣味」「VRで体験したいこと」共に男性20代、30代、40代になるにつれて増加していく傾向が同じです。女性に関しては「VRで体験したいこと」の30代が急激に高くなっていますが、これは小さい子供がいて中々旅行に行けないなどの理由が考えられます。

travel_0928_01.jpg

このように、「VRで体験したいサービス」と「お金をかけている趣味」は性・年代で分けたときに非常に傾向が類似しており趣味活動に近いVR体験を楽しみたい思っている消費者が多いのかもしれません。

映画を楽しむためにプロジェクターを買ったり、大型のTVを買ったりするような感覚でしょうか。

 

VRに興味がある消費者は、日常的な趣味の延長で用途を考えている。

 

日常的に行う趣味の延長として消費者がVRの使い道を考えている場合、その趣味のやり方、性別・年代ごとに様々なVR製品が普及していくのではないかと思います。

 

例えば、10~20代前半の女子学生40代男性会社員では以下のように使用するVRも変わってくるのではないでしょうか。

 

  • 10~20代前半の女子学生

⇒女子高校生や女子大学生が中心。使えるお金に限界がある。部活、サークル活動、クラスの活動があって友人間のコミュニケーションが活発。スマホとの親和性が高い。

ハコスコVRなど、低価格のVRをスマホで日常的に利用するように。学校の友達と教室などで一緒に楽しむ。

 

  • 40代男性会社員

⇒仕事を活発にしている40代が中心。使えるお金に余裕がある。家族の時間やひとりの趣味の時間が多い。

 

⇒PSVRなど高価格帯のVR機器を使って家でじっくりとVRを利用する。

 

いかがでしたでしょうか?

VRに関しては以下の記事もご覧ください。

#01 東京ゲームショウ2016はVR盛りだくさん。 VRへのユーザーの認知・興味・使ってみたいサービスを調査。

 


 

このデータの詳細は、スマートフォン利用動向調査2016に掲載されています。

 

【無料サンプル】

PDFダウンロード

 

【レポートの詳細はこちら】

>スマートフォン利用動向調査2016~アプリ・ゲーム利用から読み解く消費者の実態~

 

 

■VRで体験してみたいこと

 

調査期間         :2016年6月1日(水)~6月3日(金)

有効回答数       :4,400名

調査方法         :インターネット調査

調査対象者       :15歳~49歳一般男女(VRに興味ありと回答)

 

■お金をかけている趣味

調査期間       :2016年8月中旬

有効回答数       :1,400名

調査方法         :インターネット調査

調査対象者       :15歳~49歳スマホゲームを週1回以上プレイ男女 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSSフィード

記事ランキング

1
女性はなぜパズルゲームが好きなのか?
2
スマホゲームで万人受けする"キャッチコピー"は何か!?
3
スマホゲームユーザーの1日辺りのスマホゲーム平均接触回数は4.6回
4
高校生にとってゲームアプリはどんな存在?スマホの中をのぞいてみた。
5
男子高校生・女子高校生のSNS利用状況。高校生がフォローしているのは誰?