ゲームスタイル研究所

研究所コラム

2016.07.25

インターネット利用で使うデバイスは何が多い?

ゲームスタイル研究所では、スマホゲーム市場や、スマホゲームユーザーの動向の時系列把握を目的とした、自主調査を定期的に実施しています。

 

今回は2015年12月に実施した調査結果(対象者:全国 男女15~49歳のスマホ所有者)から、<スマホ所有者がどのように情報と接触しているか>について、いくつかデータをご紹介します。

 

①利用率 ②利用時間

という2つの視点でスマホ、テレビ、PC、タブレットと4つのデバイス間で比較しました。記事の後半は、それを性年代で分け傾向を見ていきます。

 

各機器における情報接触

利用率ではスマホが93%で最多なものの

利用時間ではテレビが2.1時間で最多

 

スマホ所有者における、スマホでのインターネット利用の割合は93.0%であり、これはテレビの視聴(91.1%)を超えています。

 

しかし、利用者における1日あたりの平均利用時間を聴取すると、テレビの視聴が2.1時間で最も長く、次いでPCでのインターネットが1.6時間、スマホでのインターネットは1.4時間で3番手です。

 

一般消費者の中には「インターネット = ウェブブラウジング」と捉える層もあり、それ以外の、「情報接触を伴うアプリケーション※」を利用している時間が、一部含まれていない可能性も考えられますが、今回の調査結果としては、このようになります。

 

※地図や天気、株価アプリなどのこと

 

hikaku_debaisu.gif

 

”利用率”を性年代で分析

スマホ、テレビでは差がないが、PCでは大きな差あり

 

各機器の利用率を性年代で分析すると、下記のような結果になりました。

 

  • スマホでのインターネット利用率は、性年代間での差がほとんど見受けられません。

 

  • テレビの視聴利用率については、「若者のテレビ離れ」という報道をよく目にしますが、スマホを持っている10代でも、8割台後半はテレビを視聴しているということで、利用率のみを見ると、そこまで大きな差ではないことが分かります。

 

  • 一方でPCでのインターネットには大きな差異が見受けられます。女性の利用率が低い傾向にあり、特に10代の女性は62%しか利用していません。

hikaku_03.gif

 

”利用時間”を性年代で分析

女性は年代で大きな差

 

各機器利用者における1日あたりの平均利用時間を、性年代で分析すると、以下のような結果になりました。

 

■男性

  • テレビの視聴とPCでのインターネットの利用時間は、ほぼ変わらないようです。
  • スマホでのインターネットは、10代のみテレビ、PCを上回っており、20代以上では下回ります。

 

■女性

  • すべての年代でテレビの視聴の利用時間が、男性よりも長いことが分かります。
  • PCでのインターネットは40代のみ、男性と同水準の利用時間で、30代以下では1.2時間以下と、低い水準です。
  • スマホでのインターネット利用時間は男性以上に年代間での差が顕著で、40代では1時間程度の利用時間ですが、10代では2.4時間利用しており、10代においてはテレビよりも長いことが分かります。

hikaku_heikin_03.gif

 


 

<調査概要>「スマホゲームユーザー動向調査」

・調査期間           :2015年12月

・有効回答数       :5,000名

・調査方法           :インターネット調査

・調査対象者       :スマートフォンを保有している15歳~49歳男女

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSSフィード

この記事を書いた人

writer

齋藤 慎平

1989年生まれ。大学では行動経済学、社会心理学を専攻。大学卒業後、総合ポータルサイト運営会社に入社。Web広告の営業を経たのち、ユーザー行動ログの分析、KPI策定、サイト改善やメルマガ配信の最適化、マーケティングリサーチなどの業務に従事。2015年セガに入社。

記事ランキング

1
女性はなぜパズルゲームが好きなのか?
2
スマホゲームで万人受けする"キャッチコピー"は何か!?
3
スマホゲームユーザーの1日辺りのスマホゲーム平均接触回数は4.6回
4
高校生にとってゲームアプリはどんな存在?スマホの中をのぞいてみた。
5
男子高校生・女子高校生のSNS利用状況。高校生がフォローしているのは誰?